トイレつまりの予兆


トイレのつまりには、実は予兆がある場合が多く、事前に防ぐことができる可能性があります。明らかな予兆としては、便器内の水位が高くなっている場合。トイレの水を流した時に、便器ギリギリまで水位が上がってきた経験はありませんか。そんな場合には、水が流れるまで時間を置きましょう。少しずつ水位が下がるようであれば、完全につまってはおらず、少しの隙間があることになります。

この段階で、つまっているものを溶かしたり、取り除く解決策を試してみましょう。度まだ流れるからといって放置しておくと、完全につまって簡単に取り除けなくなる可能性があります

または、トイレの水を流した際に、ゴポゴポという異音がする予兆です。その音は、排水管の先の方でつまっている為に発生している可能性があります。排水管がつまって水が流れにくい状態だと、一緒に流れてきた空気だけが上がってゴポゴポという音を立てます。

浴室やキッチン等とトイレの配管がまとまっている場合には、つまりが起こることで配管を逆流して汚水が上がってきてしまうことがあります。排水の先でのつまりは、家庭内で処理しきれないことが多い為、速やかにプロの業者を呼んで修理を依頼するようにしましょう。

推奨サイト・・・トイレつまりトラブル【水道救急センター】

よくある他の原因とは


トイレのつまりにおいて、節水以外の原因について考えてみましょう。最も多いとされる原因に、トイレットペーパーや排泄物がつまるケースがあります。また、ティッシュペーパーやお尻拭き、おもちゃ等、本来トイレに流してはいけないとされる物を流した場合。あるいは、水溶性とされるトイレクリーナー等も、つまりの原因になる可能性があります。

他にも、築年数が古い家のトイレの場合、長年使い続けた結果、尿石等の汚れがこびりついて排水管内が細くなり、つまりの原因になることがあります

何かのタイミングで、トイレの配管のS字箇所を流れる際につまることがあります。これは、大きな排泄物と大量のトイレットペーパーを流したりすることで発生します。また、ティッシュペーパーは水溶性ではないことは知られていますが、流せると思われている人が大多数であり、結果つまりの原因になっています。

小さなお子さんがいる家庭では、おもちゃや小物、また最近ではスマホや携帯等もつまりの原因として多い要因になっているようです。節水をした場合もつまる原因になることは先述しましたが、節水によって水が足りずにつまらせてしまっては意味がありませんので、注意するようにしてください。