節水によるつまりとは


トイレのつまりの原因の一つに、節水によるつまりがあります。トイレの仕組みとは、タンク内に溜めた水が、レバーを引くことによって計算された水量が流れていきます。この水量は、トイレの設計の段階でメーカーが何度も実験をした上で、綺麗に汚れを取りながら流れていくように調節して設定されています。

それを節水の為とタンク内に水を入れたペットボトル等を入れてしまうと、設定されている水量よりも少ない水量が流れてしまう為、本来では流れるはずの汚物やトイレットペーパーが最後まで流れきらず、少しずつ排水管をつまらせる結果になることがあります

このように、せっかく節水をしても、結果的に業者を呼んで修理をしなければならなくなった場合、費用も時間も手間もかかってしまうことになりますので、タンク内にペットボトルを入れて節水されているという方は、今すぐ取り出して、設定されている水量に戻すことをお勧めします。

また、タンク内にペットボトル等を入れることで、中の部品が破損する原因になったり、フロート弁に当ってバルブが開いた状態になり、水が少しずつ流れ出てしまう状況になる可能性もあります。これでは水道料金が上がって節水にもならず、悪循環に陥ることになります。