節水によるつまりとは


トイレのつまりの原因の一つに、節水によるつまりがあります。トイレの仕組みとは、タンク内に溜めた水が、レバーを引くことによって計算された水量が流れていきます。この水量は、トイレの設計の段階でメーカーが何度も実験をした上で、綺麗に汚れを取りながら流れていくように調節して設定されています。

それを節水の為とタンク内に水を入れたペットボトル等を入れてしまうと、設定されている水量よりも少ない水量が流れてしまう為、本来では流れるはずの汚物やトイレットペーパーが最後まで流れきらず、少しずつ排水管をつまらせる結果になることがあります

このように、せっかく節水をしても、結果的に業者を呼んで修理をしなければならなくなった場合、費用も時間も手間もかかってしまうことになりますので、タンク内にペットボトルを入れて節水されているという方は、今すぐ取り出して、設定されている水量に戻すことをお勧めします。

また、タンク内にペットボトル等を入れることで、中の部品が破損する原因になったり、フロート弁に当ってバルブが開いた状態になり、水が少しずつ流れ出てしまう状況になる可能性もあります。これでは水道料金が上がって節水にもならず、悪循環に陥ることになります。

トイレのつまりの原因


トイレのつまりはご家庭をはじめとして、飲食店やオフィス、人の出入りがある場所ではどこでも起こりうる水トラブルになります。台所やお風呂場、洗面台の中でも最も多い水回りトラブルの為、突然使えなくなると大変不便であり、飲食店等では営業にも支障をきたしてしまいます。

早急な対応が求められる上に、費用もできれば安く抑えたいところです。トイレのつまりは誰でも経験がある水回りトラブルですので、簡単に直せると考えてしまいますが、内容によってはプロの業者に任せる方が早く安く簡単に済む可能性もあります

まずはご自身で直す際に利用するのは、スッポンと呼ばれる半球状をしたゴムに棒がついているトイレ専用の吸出し器が一般的です。ほぼどこのトイレにも置いてありますので、簡単なつまりであれば、すぐに対処することで簡単につまりがとれる可能性が高いです。

他にも、トイレのつまりに有効とされているのが、お湯、または重曹を混ぜたお湯を流す方法です。ラバーカップでも解消されなかった次の手段になりますが、少し時間をかけて詰まったものを溶かす方法になります。

ここでの注意点として、熱湯ではなく50度程度のお湯にすることです。沸騰させたお湯を使うと、便器や配管を痛める可能性がありますので十分に注意してください。お湯を流し入れ、一時間程度置いてからラバーカップでつまりが解消されているか確認してください。それでも解消されない場合は、業者への相談も視野に入れる必要があります。